デザイン カーテン 大阪、京都、神戸

いろいろなこだわりデザインのカーテンや機能をご紹介するサイトです。

カーテンをこだわってみませんか?生地や柄によってお部屋の雰囲気は全く違うものになります。

リフォームローンの諸費用の計算方法

リフォームローンを契約するときには、高額な諸費用の支払いが必要となるケースがあるため、経済的なトラブルを防ぐために、プロの銀行のスタッフからアドバイスを受けることが有効です。

特に、リフォームローンの費用の支払いのタイミングについては、初心者にとって、速やかに判断をすることが難しいことが分かっています。

そこで、実際にリフォームローンを契約している人のリアルな体験談に目を通しておくことが良いでしょう。

その他、それぞれの銀行の仲介手数料の相場を理解することで、何時でも落ち着いてリフォームローンの契約先を見つけることができます。

リフォームローンで年末控除を受けるには

リフォームローンを借り入れしてリフォームをした場合に住宅ローン控除として年末控除を受けることができます。それには、自分が所有し自分の居住目的のための家屋に対しての増改築、リフォームであることや、現行の耐震基準に適合させるための工事であることや、一定のバリアフリーに改修したり、一定の省エネ改修工事であることなどの条件が幾つかあります。

リフォームローンを借り入れて年末控除を受けるには返済期間が10年以上であることや、他にも建物の築年数やその費用などにも規定があります。

住宅ローン減税を受けるには確定申告が必要となりますが、一般的な給与所得者の場合は10年間税務署に行く必要はありません。

銀行のリフォームローンを利用したい

自宅の住宅設備や、屋根や外壁などが老朽化してきたので、住宅のリフォームを検討している人が増えています。住宅のリフォームは、まとまった出費が必要になるため、銀行のリフォームローンを利用したい人が大勢おられます。

リフォームローンを利用するためには、安定して継続した収入があることが条件になっているので、窓口に相談に行く時は、給与明細書や納税証明書などの提出が必要になるため、持参をしておく必要があります。

銀行のリフォームローンは、目的別ローンなので、カードローンに比べると低金利で融資が受けられるなどのメリットがあります。

リフォームローンとカードローンはどちらがお得?

リフォームローンとは別に、カードローンを用いてもリフォームのお金を借りることができます。多くのカードで、使いみち自由なフリーローンタイプの設定になっているためです。

リフォームローンのような目的ローンとは違って、フリーローンなら別の目的にも使えますから、便利な気がしないでもありませんが、お得に返済するならリフォームローンを選ぶようにしましょう。使いみちが限定された目的ローンのほうが、金利が低めに設定されています。金利が低いカードローンもありますが、目的ローンよりも高い場合がほとんどですので、利息が高くなってしまいます。

リフォームローンについての関連記事

注目しておきたいリフォームローンに関する情報。