デザイン カーテン 大阪、京都、神戸

いろいろなこだわりデザインのカーテンや機能をご紹介するサイトです。

カーテンをこだわってみませんか?生地や柄によってお部屋の雰囲気は全く違うものになります。

リフォームローンをネットで簡単に比較

リフォームローンを申し込む前にすぐに申し込むのではなくてネットなどで色々な会社を比較して検討することが大切です。

同じ金額を借りたとしても会社によって金利も違いますしローンプランも異なります。面倒だからといって比較しないで申し込むと損をしたり後悔することになります。

申し込む前に比較をしっかりしてから損をしないリフォームローンを申し込むと安心です。比較するときのポイントはやはり金利が一番です。返済期間が長くなることも考えられるので金利が0.1%異なるだけでも返済金額がかなり違ってきます。金利は会社によって差があるので金利を比較してから、なるべく金利が低い会社を選ぶことが重要です。

リフォームローンは専門家に相談するのがおすすめ

日本ではやはりマイホームを持つことが夢、という方がまだまだ多い状況で、結婚や出産をきっかけにマイホームを購入するという方がたくさんいます。しかし、家はメンテナンスも重要です。10年、20年と経つとリフォームをしないといけない部分、したい部分がでてきます。しかし、ただでさえ住宅ローンで家計に余裕がない中、リフォームローンまで組んでしまって生活が大丈夫かどうかという不安はやはり出てきます。

そんなときにおすすめなのが専門家に相談することです。ファイナンシャルプランナーに相談すれば、リフォームローンが家計に与える影響を適切に分析し、おすすめのリフォームローンを教えてくれるでしょう。

インターネットで申し込み可能なリフォームローンの特徴

リフォームローンは、金融機関で取り扱いがあります。できるだけ低金利のローンを探すなら、銀行や信用金庫等の金融機関を利用するのが一般的ですが、インターネットで手続きを完結するのは難しい場合があるでしょう。

リフォームローンの申し込みはできても、契約は直接店舗に出向くか郵送での手続きを必要とすることがあるからです。しかし、ネットバンクのリフォームローンであれば、来店不要で手続きできる場合があります。預金口座を取得していれば、口座にログインして申し込みができ、書類等もインターネットからアップロードできることがありますし、保有していない場合でも同時に申し込みもできます。

年齢の上限や年収が一定以上と条件を設けていることがありますが、金利が低めで事務手数料や保証料が軽減されていることもあり、リフォームローンの申し込みを検討している方も増加しています。

リフォームローンの繰上返済について

リフォームローンの繰上返済は決められた毎月返済額とは別に返済を行なうことで、ローンの残高を予定よりも早く減らせます。ローンの元金返済分を繰り上げて返済していくことで、前倒しをすることで元金を減らすので利息が減ります。

リフォームローンの繰上返済には期間短縮型と返済額軽減型の二つがあり、一般的によく利用されるのは期間短縮型です。それぞれ特徴があるので目的によって使い分けると良いでしょう。

よく利用されるリフォームローン繰上返済の期間短縮型だと毎月返済額は変わりませんが残り返済期間が短くなります。返済額軽減型は毎月返済額は軽減されますが、残り返済期間は変わりません。

リフォームローンについての関連記事

注目しておきたいリフォームローンに関する情報。